施術体験

あなたはオフィス派?ホーム派? 2種類のホワイトニング方法を比較 オフィスホワイトニング体験してみた感想まとめ①

更新日:

オフィスホワイトニングとは?

一般的に「医院(office)」で受けられるホワイトニングのことです。
歯科医院だったり、最近ではホワイトニング専門の医院もありますよね。

専門の歯科医院で受けるホワイトニング

専門の歯科医院で、歯の表面に漂白効果のあるホワイトニング剤を塗ってライトやレーザーで光を照射して歯を白くする方法。

その主成分はホワイトニング効果が強いと言われる「過酸化水素」です。
これにレーザーや光などで熱を加えて活性化させて、酸素と水に分解します。
その分解されるときに発生する活性酸素(OH-)が歯の着色の原因である有機着色物を分解してくれます。

また、ホワイトニング効果によって歯のエナメル質の表層を球状に変化させます。
その影響で光が乱反射して、マスキング効果によってさらに歯が白く見えるようです。

ちなみに、薬剤として過酸化物を扱っていいのは歯科医療機関のみとなっているので、法律で禁じられているので市販のホワイトニング商品やエステのセルフホワイトニングでは扱われていません。

オフィスホワイトニングの特徴

オフィスホワイトニングのメリットは、何と言ってもその手軽さにあります。

ちゃんとした知識のある歯科医師や歯科衛生士の管理下で、漂白効果の高い過酸化水素を使えるので、1回の施術でもある程度の白さを実感できます。
(歯科医院によって使用する器材や効果はちがってきます。)

忙しくてなかなか時間が取れず短期間で効果を実感したい人や、週末のパーティのためにすぐに歯を白くしたい!という人にオススメです。
また、毎回プロの歯科衛生士さんに自分の口腔内をしっかりチェックしてもらえる安心感もあります。

気をつけること

短時間で歯を白くする効果のあるオフィスホワイトニングは、色戻りが早いという特徴があります。これは、歯の再石灰化による自然現象で、タバコやコーヒーなど生活習慣などにより個人差もあります。
また、薬剤が深く浸透していかないので自分のなりたい白さなるまでには、何回か通わなければいけません。
そのため、ホームホワイトニングに比べると出費はやや高めになります。

オフィスホワイトニング 実際にやってみた感想

プロの歯科衛生士さんに口腔内をチェックしてもらい(歯に歯肉炎、ヒビや欠けがないかなど)ホームホワイトニングが出来るとのことだったのでさっそくお願いしました。

歯の黄ばみの色を確認できるサンプルを当てていき、いま自分がどれくらいなのか、どこくらいまで白くしたいのかなどの希望を確認します。(美容院などでも見るカラーのトーン参考にするやつに似ていました)

わたしの場合、下の歯のほうが黄色くなっていたのでそれも気づけて良かった点です。

私が受けたのはレーザー照射のホームホワイトニングでしたが、所要時間は1時間ちょっとで2回当てました。
レーザー照射自体はとくに熱くもなく、気になる点はありませんでしたが、レーザーを当てる歯をしっかりと見せるため、口を大きく開くための矯正器具?みたいなのをしばらく付けっぱなしにしなければいけなかったのが大変でした。

効果としては、たしかに一回で歯の明るさは上がって、上下の歯の色が整った気がします!歯がしみたりもしなかったので良かったです。
が、しかしすぐに色落ちがするためあまり長持ちしないかもと言われてしまいました;;

プロの歯科衛生士さんに診てもらえて料金は1万円ほどだったのですが、病院にまで通わなければいけないことと、長期的なコスパを考えると続けるか悩みどころです。

次回はホームホワイトニングの体験記を書いていきます^^

ad

ad

-施術体験

Copyright© Jolie Jolie   , 2019 All Rights Reserved.